献立を立てて糖尿病患者の食事をしっかり管理しよう

バランスの良い食事をする

ご飯

食事療法をうまく取り入れることにより、高血圧の症状を予防・改善することが出来ます。規則正しい生活をして、毎日バランスよく栄養を摂取するようにしましょう。減塩メニューを心がけて外食やアルコールは控えることが大切です。

もっと見る

健康的なメニューが実現

トラック

糖尿病の方に最適な糖尿病食の宅配サービスは、過剰摂取に気をつけたい栄養素を抑えながら満足感を得られるメニューを提供しています。自分でカロリーや栄養素の計算をする必要がなく、糖尿病予防のために理想的な食生活を実現できます。

もっと見る

食事が大切

食べる女性

腎臓病になったら、食事療法がとても大切になります。適切な食事療法をすることで進行を遅くしたり、悪化を防ぐことができます。特に塩分やたんぱく質の摂りすぎに注意しましょう。また、エネルギーはしっかり摂る必要があるため、たんぱく質が含まれていないもので摂るようにしましょう。

もっと見る

血糖値をあげないためには

和食

血糖値が上がってしまうと糖尿病になる危険性があります。糖尿病は食べすぎや運動不足などが原因となっており生活習慣の一つでもあるので、血管が詰まるなどの重篤な病になってしまったり、失明など合併症を引き起こしたりすることもあります。糖尿病を治していくには食事に注意します。食べすぎや塩分の取りすぎは良くなく、アルコールやおやつなどの間食もよくありません。ですが、外食する機会が多い場合は、塩分がどのくらい含まれているか、カロリーはどのくらいかがわからないことがあります。そのような場合は、1食を糖尿病専用の病食にするとカロリーを抑えることができます。カロリーがしっかりと書かれており、魚中心のメニューになっていることが多いので、忙しい時や外での食事をする予定がある時には活用すると良いでしょう。

糖尿病専用の食事には炭水化物もバランスよく含まれています。糖質を摂らないために主食を抜いてしまうことがありますが、主食を抜いてしまうと逆におやつが食べたくなり余計にカロリーを摂取してしまいます。主食は抜かず、量を減らすようにしましょう。食材の選び方としては、満腹感を得ることができるこんにゃく、食物繊維が豊富なキノコ類や海藻類を選びます。果物にも栄養が豊富で食物繊維が多く含まれていますが、リンゴの場合1個食べてしまうとごはん1杯のカロリーと同等になってしまいますし、果物に含まれる糖分も摂取してしまいます。体に良いからといって食べすぎないようにしましょう。糖尿病専用の食事は塩分にも気を配り、カロリーも計算されているので、自分に適切な量を知ることができます。自分で判断せず自分の量を知ることから始めると失敗しません。